デモトレードでまずは練習してからトレード開始

デモトレードでは注文方法やメンタルを観察する

FXのデモトレードは証券会社が無料で提供してくれます。注文プラットフォームもリアル口座と同じなので、練習するには最適なツールとなります。
デモトレードでは、最初に注文方法を学びます。FXには成り行き注文、指値注文、逆指値注文とあります。また、指値や逆指値を同時にさす注文方法も存在します。基本的にFXではスキャルピング以外では、指値と逆指値注文を入れて決着が付くまで放置しますので、自身のトレードスタイルに合った注文方法を身に付ける必要があります。
FXで一番最初に当たる壁が損切りと利食いの判断です。これは人間の本能に逆らう行為なので、メンタルを鍛える必要があります。デモトレードでも真剣にやればメンタルは強くなるので、自身を観察しながらトレードをする事をお勧めします。

難易度の高いスキャルピングを経験しよう

FXで一番簡単な手法は長期的なタームでするトレードです。スイングトレードと呼ばれ執行時間軸は主に日足を使います。リアルトレードでも初心者はこのタームでトレードをした方が、相場の仕組みを理解し易いのでプロは必ずスイングトレードを勧めてきます。
初心者の方に一番最初に知っておいて頂きたいのが、スキャルピングの危険性です。スキャルピングは上級者向けのトレードスタイルなので、経験を積まなければ絶対に利益を出す事はできません。どれほど危険なものかをデモトレードで体感しておくと、FXに対する考え方が変わってきます。スキャルピングはポジションサイズを大きくさせる必要があるトレードスタイルなので、失っても問題の無い仮想マネーで経験しておきましょう。